Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
Sponsored links
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
「幸村クリーニング店三代目」 って
JUGEMテーマ:家庭

私が住んでいる長野県駒ヶ根市は、2つのアルプス(中央アルプス・南アルプス)を一望できる自然豊かなすばらしい田舎です。そんな田舎にあるクリーニング店に、今では全国から染み抜きの依頼や相談を寄せていただくようになりました。本当にありがとうございます。

子供の頃、祖父のアイロンがけをする大きな背中を見て力強さを感じ、父の配達の車の助手席にちょこんと座って、お客様と接する笑顔の父を見て自分もうれしく感じていました。

小、中、高、大学と進学するにつれそんな気持ちは忘れ去り、就職を考えるときに、ただ漠然と、将来的にはクリーニング業を継ごうと考え、アパレル業界へ就職しました。3年間のサラリーマン生活でしたが、そこで衣類・繊維の知識、店頭での販売を通じて接客の楽しみと難しさを学びました。

幼い頃から漠然と見ていたクリーニング業に足を踏み入れました。
東京のクリーニング店で3年間修行をさせてもらいました。祖父や父が今までやっていたアイロンがけや洗浄、染み抜きを覚えるというのはとてもうれしかった反面、難しさ・大変さを初めて実感したときでした。その間、クリーニング学校に通いつつ、国家資格である「クリーニング師」の資格を取得しました。

修行を終えて技術を習得し、自信を持って幸村クリーニング店に入りましたが、その自信は短期間でコンプレックスに取って代わりました。やはり父にはかないませんでした。仕上げや染み抜きも父に頼るしかありませんでした。それは当然ですよね、だって父は何十年もこの業界にいる大先輩ですから。たった3年間で対抗なんかできません。お客様に対しても、自分の仕事であるクリーニングについて十分説明ができないことにもどかしさを感じていました。

以前の会社にいたときに接客を経験したせいか、お客様が喜んでもらえるようにもっと技術を学び自分のものにしたい、という気持ちが日に日に強くなっていきました。そこで染み抜きの勉強を始めました。
今では京技術会認定の「復元加工」という染み抜き技術を身につけ、京技術修染会認定の「修復師」の資格を習得しました。
そして、全国各地のお客様から染み抜きの依頼や相談を頂くことがうれしい限りです。

すべては、クリーニング業のプロとして、お客様が喜んでもらえるように


9歳の長男と7歳の次男がいます。
「将来、クリーニング業を継ぎなさい」
なんてことは言いません。ただ、親の背中がかっこいいと思えるものであり、将来仕事を考えるときの選択肢のひとつであればいいと思います。
子供の目は素直で正直です。そんな目の前で誇りの持てる仕事をしていきたいと考えます。
 
posted by: 幸村クリーニング店三代目 | つぶやき | 02:08 | comments(0) | trackbacks(0) |